VIO脱毛で感じるデメリットについて

全身脱毛は女性の憧れです

全身脱毛は女性の憧れです。
サロンによって全身脱毛の種類も異なり、 同じサロンでも部位によって違う機械を使うところもあります。
全身脱毛は興味もある人も多く、 金額やメリット、デメリットについて女性の間で話題になることがあります。


しかし、全身脱毛の中でも特にデリケートなVIO脱毛は、 部位が部位だけに話しにくいようです。
ここでは、VIO脱毛で感じるデメリットについてご紹介していきます。
まず、部位についてですが、Vラインは足のつけねの両サイド、 ビキニンラインのことです。
Iラインは陰部の両サイドで、Oラインは肛門の周囲のことを言います。
Vラインは自分でも確認ができますが、IラインとOラインはなかなか 自分でどうなっているか確認しにくい場所です。
ここを脱毛すると清潔などのメリットばかり強調されていますが、 デメリットもあるのです。


まず、温泉などに行った時、毛がないことが日本では不自然な扱いになってしまっていることです。
奇異な目で見られることもあり、 人によっては、風俗経験があるのではないかと疑う人もいます。
そして、男性の受け止め方もいろいろです。
もちろん、好意的に受け止めてくれる男性もいますが、 そんなところを脱毛するなんて軽そうと思われてしまったり、 金銭感覚がずれているのではないかと思う人もいるようです。
毛がまったくないのがおかしいという感覚で驚いてしまう人もいます。
このように、脱毛に関してはメリットばかりではなく、 デメリットもあります。