鼻下を脱毛することのデメリット

鼻下の脱毛は鼻に雑菌が入ってしまう

鼻下の脱毛は鼻に雑菌が入ってしまう可能性があるので注意が必要です。
全身脱毛をするさい、多くの方が利用するのが鼻下のだつもうです。
しかしながら、この鼻毛の脱毛にはデメリットがいくつかあり、鼻の中にあるため、脱毛が非常に難しい場所でもあります。


この鼻周辺の脱毛は主に、鼻の周辺や入り口付近にある無駄毛を脱毛します。
全身脱毛をする場合に比較的初めの方に行う脱毛なのですが、鼻周辺は比較的太く、脱毛がムズがしいのが現状です。
全身脱毛で鼻周辺を処理しようとしたさい、若干傷みをともなうこともあります。
針をさすような刺激がしますが、我慢できないような傷みではありません。


しかしながら、アレルギー性鼻炎などを発症している方が全身脱毛で鼻周辺を処理すると、施術中に鼻水が出てしまったり、くしゃみをしてしまうこともあります。
このようなデメリットもあることをしっかりと把握しておきましょう。
また、呼吸をするさい雑菌などが鼻の奥深くへ侵入してしまう可能性もあります。
全身脱毛の場合は、それほど奥の脱毛は行いませんが、毛の量が減ってしまったことによって、免疫が低下する可能性があるので注意が必要です。
鼻の粘膜が弱い方の場合は、鼻血などを起こしてしまうため、施術できない場合があります。
施術を受ける前に、必ずスタッフの方と相談するようにしましょう。
これらのデメリットをしっかりと把握することによって、安全に鼻周辺の脱毛を行うことができます。