脱毛サロンでわき処理をするデメリット

全身脱毛は、ムダ毛処理の選択肢

全身脱毛は、ムダ毛処理の選択肢として身近なものになってきています。
自己処理よりもきれいにムダ毛がなくなるとしてもてはやされることの多い全身脱毛ですが、デメリットもあります。


まず、完了するまでは「常にムダ毛がない状態」になるわけではない、と言う点です。
特に施術を受けた直後は毛が残ることになるので、注意が必要です。
例えば脱毛サロンでよく用いられる光脱毛では、施術を受けてから実際に毛が抜け落ちるまでに、1週間程度の時間がかかります。
その間は、ふつうにムダ毛が残った状態になってしまうのです。
また、この期間中は、できるだけ肌と毛穴に刺激を与えないようにするのが良いとされています。
そのため、カミソリなどによる自己処理も避けなければなりません。
わきなどならば1週間隠しておくこともできるでしょうが、ひじ上などだと難しいでしょう。
時期によっては、脱毛直後の服装をどうするかも問題になります。
また、一定間隔で通い続けなければならないというデメリットもあります。
全身脱毛は、毛が生え変わる周期にしたがって施術を行うことが大切です。


この周期はおよそ2か月ほどとされており、6〜10回ほど繰り返せば全身脱毛が完了します。
この周期で通うことができないと、脱毛が長引いてしまったり、効果が十分に発揮されなかったり、ということが起こり得ます。
引越しや長期旅行の可能性があったり、忙しくて予定を入れられない時があったりすると、全身脱毛を完了させることが難しくなってしまいます。
全身脱毛を検討する際には、このようなデメリットがあることも頭に入れておくべきでしょう。

痛くない脱毛ならディオーネがおすすめです。